日本語 English 한글 中國語 ภาษาไทย Bahasa Indonesia Français
 
 
  HOME 学校紹介 コース案内 学生募集 短期コース 日本語教師養成 学生寮 学校所在地  
  合格大学 日本留学試験(EJU) 日本語能力試験 JET Blogへ JET Blogへ 東京生活Q&A  
 

東京の生活 Q&A

Q: アパートの家賃は普通いくらぐらいですか。

A: 6畳(10㎡)でバス・トイレ台所付きなら8~9万円です。契約の際には、最初の家賃の他に、礼金や敷金などが必要になります。新しいアパートの場合は礼金・敷金がともに家賃の2ヶ月分ずつ取られることが多いので、契約時には家賃の5~6ヶ月分を用意しておく必要があります。


Q: 礼金、敷金とは何ですか。

A: 礼金は手数料のことです。これは返還されません。敷金は保証金のことで、アパートを退出するとき修繕費などが差し引かれて返還されます。


Q:アパートを借りる時、保証人は必要ですか。

A: 必要です。JETに在籍中は、本校が保証人になりますので心配いりません。
  (その際、家賃の1か月分を保証金として学校が預かります。)


Q: 食費はどれくらいかかりますか。

A: 自炊すれば月4~6万円。外食すれば一食に付き最低600円はかかります。


Q: その他にかかる生活費はいくらぐらいですか。

A: 交通費として5000円~1万円。水道、電気、ガス代として5000円~1万円。その他2~3万円は必要でしょう。ですから1ヶ月の生活費は、学費は別にして最低11~13万円くらいです。


Q: アルバイトはできますか。

A: 留学ビザの場合、法律では1週間に28時間以内のアルバイトが認められています。最初からアルバイトをあてにしてきてもらっては困るのですが、本校の規則では、学生は入国して3ヶ月後からアルバイトが許可されます。ただし、バーやパチンコ店などの風俗営業は禁止されています。なお、本校の進学クラスに限っては、原則としてアルバイトを禁止しています。


Q: 普通、学生はどんなアルバイトをしますか。

A: レストランの給仕や洗い場、ビルの清掃が多いです。時給は900円前後です。


Q: 病気や怪我のときは?

A: 学生は全員、原則として国民健康保険に加入しなければなりません。自己負担額は医療費の3割ですみます。ただし、短期生は国民健康保険に加入できませんので、自国で海外旅行保険に加入してきてください。

また、授業中や通学中の傷害事故や加害事故の場合、日本語学校学生災害補償制度によって、以下のように保険金が支払われます。この災害補償保険の年間掛け金は2,000円です。短期生の場合は1ヶ月200円です。全員が必ず加入します。
死亡・後遺障害 入院 通院 賠償責任(対人) 賠償責任(対物)
170万円 2,400円
(1日につき)
1,500円
(1日につき)
1名5000万円
1事故5億円
1事故500万円
(免責金額0円)

Q: 地震が心配です・・・

A: 校舎は鉄筋鉄骨コンクリート造りで耐震構造になっていますので、大きな地震が起こっても、校舎内は安全です。2011年3月11日の大地震でも建物は無事でした。学校の寮も安全でした。また定期的に本格的な防災訓練をおこない、万全の備えをしています。