日本語 English 한글 中國語 ภาษาไทย Bahasa Indonesia Français
 
 
  HOME 学校紹介 コース案内 学生募集 短期コース 日本語教師養成 学生寮 学校所在地  
  合格大学 日本留学試験(EJU) 日本語能力試験 JET Blogへ JET Blogへ 東京生活Q&A  
 

学校紹介

名誉理事長

世界中の若い人たちに
Honorary President

 1959年、留学生として、私は日本の土を踏みました。それ以来、この国で学び、働き、数多くの友人を作りました。いま私は、経験してきたこと、学んできたことを、世界中の若い人たちに伝えたいと切実に思っています。

 日本語は優れた伝統文化を背景としながら、最新の技術研究にも適した実に豊かな言語です。日本語を学び、日本の社会で生活することを通じて、皆さんの一人ひとりが日本人のやさしさ、勤勉さ、細やかさなどに接し、その真の姿を知ることができたらと願っています。さらに皆さんが、安定した社会の根源である遵法精神  ――約束ごとを大切にする生き方―― を学び、世界に広げてくれることを信じ、教育に励んでいます。

Photo by 霊友会編集局編集室
名誉理事長 金美齢
Kin Birei

Education
・早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了

Experience
英国ケンブリッジ大学客員研究員、早稲田大学講師などを経て、
台湾総統府国策顧問 (2000年5月21日~2006年5月20日)
2000年3月までJET日本語学校校長、2014年3月まで理事長。

 

 

理事長

Education
・早稲田大学商学部卒業

Experience
東京都北区内で100年余りの歴史をもつ越野建設株式会社の代表取締役社長で、東京商工会議所北支部の会長なども務めている。
2000年より理事、2014年より理事長。

President
■理事長  越野充博
Koshino Mitsuhiro
 

校長

日本留学を志す皆さんへ

 留学とは、とても素晴らしい経験です。

それは全てが楽しいこと、良いことばかりという意味ではありません。むしろ、失敗したり、苦しんだりすることの方が多いかもしれません。しかし、あとになってみると、かけがえのない貴重な経験として、その後の人生に大きな影響を与え続けます。

 私自身も、かつてドイツに留学した経験がありますが、自分や自国のことを、見つめ直し、再発見するきっかけになったと思います。私は、その素晴らしい経験を、今度は日本に来る留学生に伝えたい、それが一留学生として外国でお世話になった自分の使命でもあると考えています。

Principal
■校長  井上靖夫
Inoue Yasuo

 JET日本語学校に入学する学生は、積極的に日本での生活をエンジョイして、日本語が上手になるという第一目標を達成してください。そして、最終的には、あとから振り返って、日本に留学して本当に良かった、JET日本語学校で勉強して本当に良かったと思えるようになってほしいと心から願っています。

Education
・早稲田大学第一文学部哲学科卒業
・ ドイツ・フライブルク大学留学

Experience
・1988年より教務主任
・2000年より校長
・2010年より早稲田大学大学院日本語教育研究科講師を兼任

TOP
 

■ 学校の沿革

     
1988年 3月 東京都知事より学校法人柴永国際学園の設立認可を受ける。
1988年 4月 JET 日本語学校開校。
1989年 4月 日本語教育振興協会設立の発起人校となる。
1989年 8月 同協会第一次認定校となる。
1990年 4月 東京都知事認可校(全国で本校を含め9校)とともに東京都知事認可日本語学校協会を発足させる。
2000年 4月 文部省指定の準備教育機関となる。(全国で本校を含め12校のみ)
2002年 4月 日本語教師養成講座を開講。
2004年10月 タイ国政府派遣留学生(第1期) 20名受け入れ。
2006年10月 タイ国政府派遣留学生(第2期) 20名受け入れ。
2012年10月 タイ国政府派遣留学生(第3期) 10名受け入れ。
2014年10月 金美齢名誉理事長が、東京都知事より教育功労者として表彰される。(日本語教育分野で初)
2014年12月 タイ国政府派遣留学生(第4期) 8名受け入れ。
2015年10月 タイ国政府派遣留学生(第5期) 4名受け入れ。
TOP
 

■JET日本語学校ってどんな学校ですか。

  1988年に金美齢先生(前校長)らが中心になってつくった正式な学校(東京都知事認可の学校法人)で、創立以来、主に日本の大学への進学指導に力を入れ、実績を上げてきました。

2000年4月からは、文部省から「大学入学のための準備教育機関」に指定されました。

2004年以来、タイ政府派遣留学生を62名受け入れています。

TOP
 

■ JET Academy Q&A

 
――「準備教育機関」とは何ですか。

 日本の大学に進学する場合、12年の学校教育を受けていることが条件です。台湾や韓国などでは問題ありませんが、マレーシア、トルコ、ロシア、中南米諸国などでは、12年に満たないで高校を卒業する場合があるため、制度上、日本で進学することができません。

 しかし、文部大臣から特に指定を受けた準備教育課程を卒業すれば、受験資格が与えられるのです。準備教育課程を備えた学校のことを準備教育機関といいます。

 JETでは、4月開講の1年課程(日本語進学科A)と、10月開講の1年半課程(日本語進学科B)が、準備教育課程に指定されています。

 
――日本語進学科ではどんな授業をしますか。

 国公立大学・大学院や有名私立大学・大学院の入学試験合格を目標に、日本留学試験(EJU)や日本語能力試験(JLPT)N1対策はもちろん、万全の受験準備をします。日本語の他に、英語や数学、理科(物理、化学、生物)なども履修します。

 入試で課される研究計画書や面接のための指導から、出願や入学手続きに必要な書類の準備まで、きめ細かな指導を行います。

 
――会話力を身につけるコースはありますか。

 もちろん、あります。日本語1年コース(日本語基礎科)です。

 日本人大学生との交流や、ホームスティなど、たくさんのアクティビティーを通じて、日本の文化を直接体験しながら、豊かなコミュニケーション能力を身につけてゆきます。発音指導にも力を入れていますので、自然で美しい日本語が話せるようになります。読み書きの能力もバランスよくつきますので、専門学校進学を目的とする学生にも適しています。

 
――短期コースはありますか。

 学期の途中でも、自分の日本語レベルにあったクラスに、随時、入学することができます。本校の夏休み期間中には、会話コースを開設しています。教師と一対一で集中的に学ぶプライベートレッスンもあります。

 
――奨学金はありますか。

 学習態度および成績の優れた学生には各種奨学金が給付されます。

 文部科学省の学習奨励金、髙山国際教育財団奨学金、共立国際交流財団奨学金、社団法人倫理研究所奨学金などがあります。

 また、JET日本語学校には後援会があり、卒業生や篤志家の方々からの寄付金によって、優秀な学生に対して奨学金を支給します。その他、学生が安心して勉学に専念できるように様々な援助活動を行っています。

 
――学校の寮はありますか。

 通学に便利な学生寮を設置しています。生活に必要な家具や電気製品など完備していますので、日本に着いたすぐその日から生活できます。

 また、いろいろな民間業者の運営による学生会館も紹介します。

 
――学生割引がありますか。

 本校は正式な学校なので、正規学生は学生割引料金(3~5割引)で通学定期券が購入可能です。また、国内旅行をするときのJR運賃は2割引になります。音楽会、映画、美術展などでも学生割引が適用されます。

TOP
 

国籍別在籍状況

2016年 4月 
台湾
60%
インドネシア
17%
香港
マカオ
7%
マレーシア
5%
タイ
5%
その他
6%
その他・・・ 韓国、アメリカ、フィリピン、フランス、シンガポール
 
TOP